お金

旅行好き必見!銀行積立より500倍お得な”旅行積立”って?

投稿日:

羽屋
羽屋でございます!

記念旅行などの行事はもちろん、その他にも趣味や年間の楽しみのひとつとして定期的に旅行に行かれる方も多いかと思います。

ですが旅行となれば当然ある程度まとまったお金が必要ですし、旅費はもちろん会社や親戚に渡すお土産代もバカになりませんよね。

でもせっかくの機会だからあまりに質素な旅になっても、それはそれで本末転倒だし...。

そんな『少しでも安く贅沢な旅行をしたい!』という方におすすめなのが今回ご紹介する旅行積立です!

旅行積立って?

よくある”食べたつもり貯金”みたいに不透明なものではありませんし、お持ちの銀行口座に少しずつ貯金するような貯金方法ではありません。

旅行積立とは、航空会社や大手旅行会社などが提供している積立貯金で、お金を預けておくと半年から数年後に特定の利率でボーナスがついた旅行券が受け取れるサービスです。

例えば、ANAの『1年満期積立コース』を毎月4万1000円ずつ積み立てたとすれば、満期となる1年後には定率3%の利息が加わり、50万円分の旅行券が手に入ります。

この場合ですと、8000円分もお得な旅行になるということですね。

月々コツコツ積み立てる場合はもちろんですが、旅行までの半年から数年間、旅費を一括で預ける『一括型』の場合、5%も利息がつく旅行会社もあります。

5%の利息というと、スズメの涙ほどしかもらえないメガバンクの利率に比べて約500倍もの数値です。

また、当然支払った金額に応じてのマイルも貯まりますので、積立での増加分+マイルの2重取りが可能な点も現在注目を集めている魅力かもしれません。

2つの積立型

毎月定額を積み立てる『コツコツ型』と、ボーナス等の際に一括で入金してしまう『一括型』がありますが、資金に余裕があるのであれば一括型が断然お得の旅行会社が多いようです。

先ほどもご紹介したように一括入金ですと、5%という高利息の旅行会社もあるので、利用するなら『一括型』が理想的です。

用途は旅行だけとは限らない

旅行積立というネーミングですが、用途は旅行だけとは限りません。

ほとんどの旅行会社では、積み立てた金額分のツアーや航空券、宿泊券などで交換しますが、中にはJRや私鉄の切符に利用できる旅行会社もあります。

帰省などで定期的に新幹線を使う方は、新幹線の切符として積立金を消化しても良いかもしれませんね。

旅行積立のデメリット

お得なのは間違いありませんが、いくつかデメリットもあるのでご紹介しておきます。

デメリットとはいえ、当たり前のようなことですが、念のため。

積み立てた会社のプランしか利用できない

当然ではありますが、積立金分の旅行券は積み立てた会社が取り扱う旅行商品に限られます。

例えば、JTBの旅行積立を利用すれば、JTBさんが提案する旅行プランでしか旅券を発行できません。

大手ですと、大体の旅行先やプランを持っているのでさほどデメリットではありませんが、他社が独占しているようなプランは利用できなくなるので、少し旅行先の候補が減るかもしれませんね。

中途解約でも旅行券に変えられる

積み立ての途中解約は可能ですが、解約した場合でも現金ではなく旅券や商品券で戻ってくるのにも注意が必要です。

実質の払戻金は変わらなくても中には有効期限が定められているものもあります。

旅行積立を利用できる主な会社

旅行積立サービスを提供している会社はたくさんありますが、中でもおすすめの旅行会社と積立プランの例をご紹介します!

ANA旅行積立プラン

毎月の支払額:3000円~

積み立て回数:12~60回

[使い道]

ANAが取り扱う旅行商材のほぼ全てで利用可能です。

JAL旅行積立”たびつみ”

毎月の支払額:5000円~

積み立て回数:12~60回

[使い道]

ANAと同じく、JALの取り扱う旅行商材のほぼ全てで利用可能です。

JTB”たびたびバンク”

毎月の支払額:5000円~

積み立て回数:12~60回

[使い道]

JTBグループの海外・国内ツアーなどで利用可能です。

近畿日本ツーリスト”旅したく”

毎月の支払額:3000円~

積み立て回数:6~36回

[使い道]

近畿日本ツーリストグループの海外・国内ツアーなどで利用可能です。

日本旅行”ドリームプラン”

毎月の支払額:3000円~

積み立て回数:6~60回

[使い道]

こちらが先ほどもご紹介した私鉄や新幹線のチケットにも交換可能な旅行積立です。

私鉄の回数券なども交換可能なので旅行という目的以外でも人気のプランです。

阪急交通”たびだち”

毎月の支払額:3000円~

積み立て回数:12~60回

[使い道]

阪急交通社の海外・国内ツアーなどで利用可能です。

お得なのは間違いない!

私も1~2年に一度は家族で旅行に行くので、定期的に旅行に行かれる方にはやるにこしたことないお金ワザです。

銀行に寝かしておくなら、旅行積立を利用し、効率的に、お得に、旅費を確保してみてはいかがでしょうか?

クレジットカード会社と同じ旅行会社を利用するのが最も効果的かと思います。

気になった旅行積立があったら是非詳しく調べてみて下さいね。

本日も一読ありがとうございました!

-お金

Copyright© 羽屋の立ち話.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.